calendar

2014年4月
« 11月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

category

芸能界の子供たち

ジュニアアイドルの水着姿はかわいい;いもうとアイドル倶楽部

僕たちの世代の一般的なアイドルといえば大体が高校生くらいの年齢だったような気がするけど、最近ではもっと若い子たちがアイドルとして登場している。もちろん昔にも若い子たちはいたけど、そういう子たちはそんなに目立った印象がなかったんだ。それが、今ではジュニアアイドルとして世間的に、大々的に売り出されている。
最近では子役の台頭もめざましいものがあるし、業界の低年齢化はすごく進んでいると思う。でも、それで質が下がっているのかと言われればそんなことはなくって、むしろ質的には上がっているような気すらするから驚きだ。それだけ小さい頃から芸能界に進む子たちが増えたということだけど、それを素直に喜んでいいのかどうかはちょっとわからないところだ。
こういう子たちはまだ学校で学ぶこともたくさんあるだろうし、友達関係も大切だ。そういうものを疎かにしてまで芸能界に進むというのは果たしてどうなのだろうか。


長い芸歴は武器にもなる

なんて懸念はあるものの、実際には上手くやっている子たちはたくさんいるし、なによりジュニアアイドルの子たちは需要もあるわけだから一概になくせばいいなんていうことではないんだ。
若いころから芸能界にいるということはそれだけ経験を積めるということであって、例えば安達祐実さんなんかはまだ子供の頃から素晴らしい演技を披露していたわけだけど、今でもまだ活躍しているし演技の幅がどんどん広がっていると思う。まあ彼女の場合は子役だし色々難しい問題もあったみたいだけど、それでも芸歴が長いというのは一種の武器にもなるわけだ。
そこまで生き残れるということは求められてるということでもあるしね。


ジュニアアイドルたちの戦い

ジュニアアイドルに限らず、今は色々なアイドルがいるまさに群雄割拠の時代に突入していると思う。そんな中で、ジュニアアイドルは上位アイドルグループたちとはかぶらない層の獲得に成功しているからそういった意味では安泰とも言えるかもしれない。
ただ、そういう場所を狙っている人は多いだろうし、ジュニアアイドル同士での戦いは熾烈を極めると思う。そんな世界にその身一つで飛び込んでいくのは並大抵の努力と気力じゃできないものだよね。
乱立するアイドルたちの中で、ジュニアアイドルたちはどんな成長を遂げるのか。今からちょっと楽しみだよね。